リフォーム時にユニットバスが選ばれる理由と機能性

近年はリフォームを行う上で浴室が対象となる場合、ユニットバスを採用するケースが殆どとなっています。


サイズが規格化されていて、現状の浴室の状況に関わらず比較的小規模な施工によって組み込める事が、その第一の理由となっています。
またユニットバスは予め浴室内の各要素を成型して置くという性質上、施工期間は短期化し易くなります。



リフォームの場合は全体の施工規模によっては居住を続けながら工事を進めるケースも多いですが、そうした状況でも短期間で浴室の使用が開始出来るので、大きな不便を被らないという利点もあります。

同じく在来工法のように、各要素の取り付けに伴った専門の技術者・職人を手配する必要が無くなるというのも、費用面では大きな利点となります。

施工に必要な人数が減る事で、プライバシーの維持という面でも好意的な側面が見られます。

そしてユニットバスは利用が増加するに従って様々な方向の進化を見せており、機能面の高い浴室が提供される事もその魅力です。



デザインの工夫によって空間を広く見せるタイプのものが増えていますし、オプションでヘッドリストやリクライニング機能を付与する等、高級志向にも合致したもの登場しています。
肉体的・精神的な癒しの場となる浴室において、更にその意味合いを強化する取り組みが為されている訳です。またこの機能性の良さは、リフォームに伴う従来の浴室を解消したいという意向が強いケースにも合致します。



もともとユニットバスは水漏れに強い・設置場所を選び難いという側面もあり、広く活用されるに至っている訳です。